初心者でもできるブログ記事の書き方や文章構成の考え方を解説。

 

こんにちは、みそです!

☆Twitter:@misostep01
☆YouTube:みそちゃんねる

 

みそは本ブログ以外も含み通算1,000記事以上ブログ記事を書いてきました。

その中で気づいたことは、ブログは文章構成の「型」を持っていると比較的簡単に、また説得力を持って書くことができます

 

1記事に1日費やしてしまう、、、初心者はあるあるですね。

それは記事を書く上で文章構成を始めに考えられていないからです。

みそはブログの書き方の「型」を持っているからこそ、すぐに迷いなくブログが書けるのです。

ちなみにこの記事も2〜3時間で書き終えています。

 

ブログを書き始める前に、何を書こうかな、どういう風に書いていこうかな、と悩んでしまう人には必見ですよ!

 

ブログの書き方3ステップ

ブログ記事を書くときに考えるべきことは3ステップでまとめられます。

タイトル(結論)を考える

まずタイトルを考えます。いわゆる結論、この記事で何を言いたいか、ということです。

この記事で言えば、「みそのブログの書き方」ですね。

 

人によってタイトルは最後に考えると言う人もいますが、上級者向けなので初心者の方にはおすすめしません。

結論が見えていない状態で文章を書き始めると、最終的に何を言いたいのかわからない記事になってしまいます

目的地が書いていない地図みたいなものです。

 

ただ、しっかりタイトルを考えてから書きなさい、というわけでなく、だいたいでOKです。

この記事で言えば「みそが作るブログ記事の書き方とは」ぐらいの仮タイトルで考えて書き始めました。

この記事で何を言いたいのか、それがわかるぐらいで十分です。

細かくは文章が出来上がってからでも問題ないですね。

 

 

ちなみに、下記リンク先の「ラッコキーワード」を使うとタイトルを決めやすくなりますね。

サジェストが多いほど、それだけ検索されていると言うことになるので需要があるワードです。

もちろんその分競合が多いのですが、悩んだ時は役にたつツールになります。

https://related-keywords.com/

 

見出し(もくじ)を考える

次に目次を考えましょう。

この記事で言えば、「文章の書き方(3ステップ)」「みその文章の書き方」「まとめ」が大枠で、さらに細かく小見出し(H3タグ)を考えています。

 

小見出しはこの記事で言うと、「タイトル(結論)を考える」「小見出し(もくじ)を考える)」などが当てはまります。

地図で言うと、中継地点を決めるイメージです。

この小見出しを書くことによって、目的地をしっかり見据えながら本文が書くことができますので、話が脱線すると言う危険性がなくなりますね。

 

 

見出し(もくじ)に肉付けする=本文を書く

あとはもくじに合わせて文章を肉付けしていきます。

結論(目的地)を決め、小見出し(中継地点)を決めました。

あとは、それぞれの地点に向かって真っ直ぐ向かうだけです。

小見出しを決めている以上、本文で何を書くか、には迷わないと思います。

 

 

みその文章の書き方

ここからはみその文章の書き方をお伝えします。結構やっていることは単純です。

文章の構成を考える

文章のきれいな構成は以下の通りです。

主張→理由→具体例→反論への理解→再度主張

 

例を出しましょう。

主張→ブログはまず100記事書きましょう。

理由→始めは文章が拙く、まず書くことになれることが必要だからだ。

具体例→野球選手も素振りから始まり、数え切れないほど練習してきた。

反論への理解→量より質と言いたくなるのもわかるけど、経験もないのに良いものは書けない。

再度主張→まずはブログ100本書きましょう。

この型さえあれば、いくらでもブログはかけます。

文章を書くのがつらい、、、と思う人はこの型に当てはめて考えましょう。

 

例えばこの記事では、ざっくりと以下のように伝えています。

主張→ブログは文章構成を考えてから書くべき。

理由→結論が決まっていないと話の内容がブレる。

具体例→目的地(結論)を決めずに文章を書くのはしんどい。

反論への理解→人によってやり方は異なるかもしれない。

再度主張→1,000以上記事を書いてきたみその経験から文章構成を考えてからの方が効率的

ここまでしっかり下準備をすれば、記事を書ききるのは簡単ですよね。

 

書くときは一気に書き殴る

これはみそのやり方ですが、ブログを書き始めるときは一気に書き殴っていきます

もちろん、この後説明する「リライト」ありきです。

 

スピードとしては、1時間で2,000記事書けるぐらいですね。

その際、語尾がおかしくても、少し話の繋がりに違和感を持っても気にせず書き殴ります。

 

まず設定した見出しに沿って、自分の知識や言いたいことを放出するのです。

 

書きながら細かいところを直していくと、もちろん1時間じゃ終わらないですし、1日以上かかるかもしれない。

いつまで経っても終わりが見えない作業はしんどいものです。

例え1,000文字ぐらいで終わってしまったとしても、まずは最後まで書き終えるところまでいきましょう。

 

一気に書ききることで自分の熱も記事にこもります。

ゆっくり書いていると、すごく丁寧な言葉になることが多いので、文章としてはきれいなんですが、あまり面白い記事にならないんですよね。。。

また時間をかけずに書くことで話の一貫性を持たせることもできます。

次の日に改めて書こうとすると、なんか言いたいことと違う、とか思って書き直してしまい、いつまで経っても記事が完成しません。

 

たまに熱が帯びすぎて変な記事を書くこともありますが。。。例えばこの記事。笑

 

 

あと、書けるところから書いていくというのも1つの手段です。

この記事で言うと、この「書くときは一気に書き殴る」と言うところから書き始めています。

 

小見出しを先に書いているので、どこから書き始めても結論が大きくブレることはありません

書けるところから書いていく、というのも時間節約になりますね。

 

リライトする

次に思いっきり書き殴った文章を整地していきます。

一度書き殴った文章を上からもう一度読み返す感じですね。

語尾がおかしければ直しますし、説明が足りないな、と思えば追加していきます。

文字の色や装飾もこのタイミングでつけていきますね。

 

 

リライトするぐらいなら始めから完璧に書いたら良いんじゃないの?と思うかもしれません。

ただどれだけ丁寧に書いた記事でも読み返せば気になる箇所は必ず出てきます

 

どうせ読み返したとき書き直すぐらいだったら、始めからリライト前提で一気に書き殴った方が効率が良いです。

それに悩みながらだと、こんなこと言って良いのかな、書いて良いのかな、って不安になってしまうので、結局当たり障りのない記事になってしまうんですよね。

 

そんなのもったいない。

せっかくの記事。あなたの色も存分に出しましょう

 

 

まとめ

改めてどのように記事を書いていくのか確認しましょう。

①タイトル(結論)を考え
②もくじ(見出し)を考える
③文章の構成を決めたら
④一気に書き殴って
⑤リライトして公開する

もちろん、人によってやり方は異なるでしょう。

ただみその場合は1,000記事以上記事を書いてきた経験からこの「型」に落ち着きました

こういう書き方もあるんだと、参考になればなと思います。

 

初めのうちは記事を書く前に下準備(結論や見出しを考える)をした方が記事を書きやすいですし、話がブレにくくなります。

慣れてくるとかなり早く記事が書けるようになりますよ!

 

フォロー、ちゃんねる登録お願いいたします( ̄^ ̄)ゞ
☆みそのTwitter:@misostep01
☆みそのYouTube:みそちゃんねる

今の働き方を変えたい方へ

 

ぼくは会社員をしながらネットビジネスをしています。
いわゆる副業ですね。

最初こそは会社員としての生活に何も疑問を感じていませんでしたが、

・頑張っても頑張らなくても給料は変わらない
・人間関係で評価が落とされる
・全国転勤で自分の人生が決められない

会社員だけでは未来は不安定のままと思い、
副業と言う形で始めました。

がむしゃらに3年間以上活動した結果、嬉しいことに実績ができました。

特化ブログで月100万円突破
YouTubeチャンネル1,000人収益化済(本ブログとは別チャンネルです)
とある月刊雑誌2度掲載

でも、この実績は一時的な労働収入で、
長期的に稼ぐ仕組みができていなかったんですよね

 

現在は

インターネット上に「仕組み」を作って
お金も時間も自由になるネットビジネス
をしています。

 

このメルマガでは

  • 会社員でも、学生でも、主婦でもできる、自動収入の仕組み
  • 忙しくても両立できる、時間の管理術とは?
  • 終身雇用の終了、副業の解禁、これからの時代に必須のビジネススキル

などブログでは書ききれない情報や裏話をお届けしています。

 

また、無料メルマガの登録で、
ぼくが今やっているネットビジネスの概要を説明している「動画セミナー」2つをお渡しします。

稼ぐ×仕組み化 手順セミナー
お金持ちが知っておくべき知識「キャッシュフロークワドラント」

ぜひ受け取って自分の新たな可能性を見つけてくださいね^ ^

→無料登録して動画セミナープレゼントをもらう

 

© 2021 みそぶろぐ。 Powered by AFFINGER5