【実体験あり】もう会社を辞めたい!でも、転職活動をする前に読んで欲しいこと。

 

こんにちは、みそです!

☆Twitter:@misostep01
☆YouTube:みそちゃんねる

 

会社が嫌になったとき、誰もが考える「転職」

コロナ禍の状況とは言えど、人手不足の会社は多いため、意外と転職活動はできる状況です。

ただ、本当に転職して大丈夫か、というのはいろんな人を見ていて思います。

 

その状況で転職しても、今より悪くなるばかりで良くはならないんだけどな。。。

 

ぼく自身の転職経験を元に、本当に今転職して良いのか、という悩みに対してアドバイスします。

 

まず、何が原因で辞めたいと思うのか、自分の感情と向き合おう

初めに考えるのは何が原因で辞めたいのか、ということです。

おそらく仕事量が多い、仕事を任せてもらえない、人間関係が悪い、などになると思うのですが、根本的な原因は何でしょうか。

おそらく、その先にある漠然とした未来に対する不安が原因でしょう。

 

「こんなに仕事量が多い、今はまだ体力が持つけど、何年も体が持つだろうか。」

「ただ指示を受けるだけの仕事で経験を積むことができない、自分は世間的に成長できているんだろうか。」

「会社も小さいし、人間関係も変わらない。あの憎き上司が辞めるまで耐えなければいけないんだろうか。」

 

また、その感情が一過性のものかも判断した方が良いですね。

 

「ただ、今日は上司の行っていることがムカついた。」

「今日から1ヶ月間は企画のために家に帰れない。」など。

 

ここからはケース別に考えていきましょう。

 

ケース①仕事内容が原因の場合

仕事の何が嫌いなのか

・事務仕事が単調で、スキルアップになるような仕事ではないから。

・アルバイトでもできるような現場仕事しか任せてもらえないから。

・明らかにオーバースペックな量の仕事を振ってくるから。

 

いろんな嫌な点があると思いますが、一度整理してみましょう。

感情的になっていると、冷静に判断できないので、ノートにまとめるとか、文字に起こすと良いですよ。

 

ただし入社したばかりの時期はいわゆる単調の仕事が多いです。雑務とも言われていますね。

何事も大きなことをするときには、陰で支えてくれる人がいるものです。(書類整理、会議のアポイントメントなど)

その苦労を知ってからではないと管理者となったとき、現場の気持ちがわかっていない!と反発をもらい孤立する原因になるので、始めた辛抱しましょう。

ただ、それが半年も1年間も続くようであれば問題です。

大企業であれば、3年の研修期間とか設けられていますが、それでもいろいろなことをやらせてもらえます。

中小企業でコピー係が長い、とかであれば、資本であるヒトを軽視している会社の可能性もあるので、見切りを付けるべきかもしれません。

 

具体的にどんな仕事がやりたいのか

もし、辞めるとしたらどんな仕事がしたいでしょうか。

・商品開発をやりたい

・営業企画で事業の立案をしたい

などあるでしょうが、基本的に現場、雑務からまた始まることは頭に入れておきましょう。

 

我が社の商品を知らずに、またどんな開発意図があり、どのような原材料をどのように調達しているか、も知らないのに、いきなり商品開発ができるのか。

我が社が過去どのような企画で成功や失敗をし、また予算調整や損益分岐点などを理解しているのか。

こんなこと、入社したばかりの人に任せるわけにはいけません。

商品開発も営業企画も会社の中では非常に重要な部門ですからね。

 

自分が希望する仕事をやるためには、何を乗り越えなければいけないのか。

同じ業界に転職する場合、意外と今いる会社が近道、という可能性もあります

 

そのため、転職活動をもしするならば、あなたが希望する仕事はすぐできるのか、できないのであれば、どのような手順を踏めば辿り着けるのかをしっかり把握する必要がありますね。

そうでないと、結局今と同じ結果になります。

 

ケース③仕事の時間

勤務時間は不規則なのか

勤務時間が不規則である場合は小売業や飲食業といった業種、もしくは介護士や看護師のような常に人がいなければいけない業態です。

勤務時間を安定させたい場合は、こればかりは違う業種への転職が必須になります。

もちろん、会社によっては異動により事務職に移れる可能性もあるので、転職をする前に一度打診しても良いでしょう。

 

勤務時間が不規則である生活は歳を取るたびにしんどくなっていきます。

ある意味当たり前のことであるため、各企業ではある程度の年齢に達すると本社へ行くなど現場から離れることが多いので、調べておきましょう。

40歳、50歳になっても頻繁に夜勤などが発生するのであれば、さすがにしんどいかもしれませんね。

 

残業が多い理由は何か

もし、残業により仕事の時間が多くなり過ぎているパターンであれば、その原因が自分にあるのか会社側にあるのか冷静に考える必要があります。

「いやいや、課せられている仕事量が多すぎるからだよ!」

と言いたくなるのはわかりますが、一度冷静になりましょう。

 

同期や近い先輩がいればどのような仕事をしているのか調べてみましょう。

そして、自分の仕事量と比べてみましょう。

それほどまでに多いでしょうか。

 

また、実際の仕事内容を改めて考えてみましょう。

もし言われたことをそのままやり続けているのであれば意識の改革が必要です。

単純作業は仕組み化できないか、そもそもやる必要があるのか、という判断は自分でもしましょう

エクセルの関数を使うとか、マクロを学ぶとか。

厳しい言い方ですが、これはどこの会社でもそうですし、自分でビジネスをやる上でも必要です。

 

ただ、会議とかアポイントメントなど、自分で調整できないことで残業をしなければいけない状態であれば、効率化もできませんね。

残業を自分である程度コントロールできるか否か、という点で業務を見つめ直してみましょう。

 

 

ケース①人間関係が原因の場合

自分だけが嫌いなのか、上司部下からも嫌われているのか

どうしても、

「あの上司は嫌い!一緒に働きたくない!」

となった場合、その嫌いという感情は自分だけが抱いているのか、周りの人からも思われているのか、という点を考えましょう。

 

自分だけが嫌っているのであれば、あなた自身に問題があるかもしれません。

過去に大きなミスをしたことがある、失礼なことをしたことがある、など。

正直言って、ぼくは心が狭い人だな、と思うのですが、その人の性格なのでどうしようもありません。

他者はコントロールできないですからね。

 

 

もし、上司や部下にも嫌われているのであれば、その嫌いという感情は正しいです。

異動などにより、その上司がいなくなる可能性があるのであれば、試練と思ってやり過ごすのも良いですし、小さな会社など異動がないような状態であれば、自分の心の状況を考えて転職も考えましょう。

いなくなる希望もないのに、嫌だ嫌だと思いながら仕事しているのはしんどいですし、上司であれば毎日顔を合わせるのでストレスしかないですからね。

毎日嫌な人のことを考えるエネルギーも時間ももったいないです。

 

異動の可能性はないのか

少し先ほども触れましたが、異動の可能性があるのであれば、耐えるのも1つの人生の勉強になります。

もちろん何年もいると自分の成長が止まってしまったり、心が耐えきれなくなり鬱になったりしてしまう可能性があるので危険ですが、数年で異動するのであれば、耐えるというのもありだと思います。

結構、この点は賛否両論あるかと思いますが、結局嫌な人っていうのはどこの会社でもいます

 

今の会社で嫌な人がいる、という理由で逃げたら、次の会社でも嫌な人がいたらまた逃げるのか、ということです。

どうしても短期間で何度も転職するのは難しいですし、会社は選べても人間関係を選ぶのは難しいです。

 

ぼくの経験談ですが、嫌な人と仕事をするのは辛いです。でもその時を乗り越えたからこそ、心が強くなれましたし、反面教師にすることで人との関わり方を覚えることもできました。

何よりも仕事を辞めたいという一心で副業を始めたことですね。笑

結果として良かったと思っています。

 

もちろん、それで精神的に参っているとか、そこまで追い詰められていたらダメですけどね。

病院を考えるほどのレベルで体が異変を感じていれば、すぐに考えた方が良いですが、その場合は転職活動をするよりも先に休職した方が良いですね。まともな転職活動はできないです。

 

それでも人間関係で振り回されるのは嫌、という人もいるかもしれませんが、それこそ独立して好きな人としか仕事をしない、という環境まで持っていかないといけないので、ハードルは高いです。

長期的な目標として独立するのはありですが、何もない状況から飛び込むのはよっぽど才能があるか、死に物狂いの努力が必要なのでやめておきましょう。

 

全てのケースで言えること

負の精神状態での転職活動は必ず失敗する

この会社は嫌だ、早く転職したい、もうダメだ、、、

そう言っている間の転職活動はほとんどと言っていいぐらい失敗します。

その理由は妥協しやすくなるからです。

多少給料が少なくても今よりまし、多少休みの日が少なくても今よりまし、、、そう逃げる気持ちになってきます。

 

でも、それで本当に良いのでしょうか。実際に転職してからでは遅いです。

同じ悲劇を繰り返す可能性が高いですね。

 

また採用担当者側からの立場としても、そういう人は覇気がなかったり、明らかに目がおかしかったり、見て気がつきます。

満足いく転職活動は難しいですね。

 

対策:副業をする余裕はあるか

なかなか残業が多くできない、というのであれば難しいですが、人間関係でしんどい、時間はなんとか確保できるという状態であれば副業を始めましょう。

 

ぼくも人間関係が理由で副業を始めましたし、その時持っていた負のエネルギーはすさまじかったですからね。笑

個人で稼いで辞めてやる!という気持ちで朝5時に起きて、夜は日が変わるまで作業していました。

 

そのぐらいの気持ちがあれば副業でも成果が出るようになりますし、短期間は難しくても長期では成果が出てきますし、心に余裕が出てきます。

そのときになって改めて転職を考えても良いですね。

 

しんどいのはわかる。でも、転職活動は落ち着いた時にあらかじめ始めとくべき

転職活動って今の会社を嫌になっているピーク状態から始める人が多いのですが、本来は嫌かも、と思ったタイミングで転職サイトには登録して欲しいですし、できれば常日頃から自分は他の会社ではどのくらいの給料で求められているのか、という市場調査もかねて進めておくべきです。

そのように準備をしていれば、会社が本格的に嫌になったとき、会社が傾き始めたとき、すぐに出ることができますし、周りの会社を見ていると、意外と今いる会社の方がマシだった、ということがわかるときもあります。

 

 

ぼくの場合も人間関係が最悪のときに転職サイトを見始めたりしていましたが、転職という実行まではしませんでした。

副業をする、という選択肢を取ることである程度心が落ち着いたというのもあります。

 

ただ転職情報は引き続き取得するようにしており、今後自分が生きていく中でこのまま全国転勤はしんどい、家族の体調が心配、ということがきっかけで転職を決断しました。

転職活動そのものも元々情報収集していたこともありますが、活動初めて2ヶ月もかかりませんでしたね。そして、満足いく会社に今います。

 

もちろん、今すでにしんどいと思っているのであれば、転職活動含めて行動すべきですが、必ず妥協できないポイントは決めておきましょうね。

全国転勤は嫌とか、給料はこのくらいは最低でもいるとか。

会社が嫌で嫌で仕方がないときは、妥協できないポイントも飲み込みそうになることがありますが、それは自分にとって不幸な転職になってしまいます。

もし転職を考えている、今でなくても漠然と将来は考えている、というのであれば、転職サイトの登録ぐらいはして、どんな仕事があるのか、自分はどのくらいの給料ならもらえそうなのか、というのをなんとなくでも把握しておきましょう。

ぜひ、あなたにとって何か1つでも役に立てればなと思います。

 

フォロー、ちゃんねる登録お願いいたします( ̄^ ̄)ゞ
☆みそのTwitter:@misostep01
☆みそのYouTube:みそちゃんねる

今の働き方を変えたい方へ

 

ぼくは会社員をしながらネットビジネスをしています。
いわゆる副業ですね。

最初こそは会社員としての生活に何も疑問を感じていませんでしたが、

・頑張っても頑張らなくても給料は変わらない
・人間関係で評価が落とされる
・全国転勤で自分の人生が決められない

会社員だけでは未来は不安定のままと思い、
副業と言う形で始めました。

がむしゃらに3年間以上活動した結果、嬉しいことに実績ができました。

特化ブログで月100万円突破
YouTubeチャンネル1,000人収益化済(本ブログとは別チャンネルです)
とある月刊雑誌2度掲載

でも、この実績は一時的な労働収入で、
長期的に稼ぐ仕組みができていなかったんですよね

 

現在は

インターネット上に「仕組み」を作って
お金も時間も自由になるネットビジネス
をしています。

 

このメルマガでは

  • 会社員でも、学生でも、主婦でもできる、自動収入の仕組み
  • 忙しくても両立できる、時間の管理術とは?
  • 終身雇用の終了、副業の解禁、これからの時代に必須のビジネススキル

などブログでは書ききれない情報や裏話をお届けしています。

 

また、無料メルマガの登録で、
ぼくが今やっているネットビジネスの概要を説明している「動画セミナー」2つをお渡しします。

稼ぐ×仕組み化 手順セミナー
お金持ちが知っておくべき知識「キャッシュフロークワドラント」

ぜひ受け取って自分の新たな可能性を見つけてくださいね^ ^

→無料登録して動画セミナープレゼントをもらう

 

© 2021 みそぶろぐ。 Powered by AFFINGER5